FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっこり道

中学生のころ、親父のもっこりの逞しさに惚れ、親父のもっこりビキニパンツを穿いて、その履き心地と膨らみに陶酔し、自分も小遣いでビキニパンツを買いだしたあの頃から、俺はもっこりの虜になった。

当時は小さな膨らみしかできなかった俺は何とかかっこよくもっこりしたくて色々試したものだった。

そしてそんな俺も次第に大人になっていき、憧れてた男らしい膨らみに、自分の股間の盛り上がりが近づいていくにつれて、スラックス、ジャージ、ジーンズ、スパッツ、水着などでもっこりを周囲にむしろ誇示するようになった。

今回は、この俺、海人がもっこり好きとして目覚めてから今まで、色々もっこりに試行錯誤を重ねて体験し、その上でもっこり好きとして心に留めておくべきと感じたことをまとめたいと思う。

これを、このもっこり好きのブログ「もっとでっかく」の最後の記事としたい。

今まで応援してくれた方々、本当にありがとう。


「もっこり好きとして、心がけること5か条」

1・男であればもっこりするのが当然であることを忘れない事。

これは言わずもがなの事だ。
男ならチンポが付いているものであり、その存在は、ズボンごときでは到底抑えきれない、隠しきれないものだからだ。これを理解していれば、もっこりして恥ずかしい、などと思うはずはない。

2・もっこりを見られても、男なら当然なのだから、隠したりせず胸を張り堂々とすること。

これも当たり前のことだ。もっこりを見られて隠す男など男ではない。男女問わず、堂々と男らしい膨らみを見せてあげることこそもっこり好きである。

3・自分の一番魅力的なもっこりを見せられるように、下着、服について研究すること。

もっこり好きとして、自分のもっこりに対する研究を怠らないことは重要だ。チンポ、金玉は大小も当然あるが、位置、形なども人それぞれ千差万別である。意外な下着、ズボンがもっこりすることもある。また、上着すら影響することがある。良く研究することだ。

4・もっこりを「でかいね。」などと褒められた時は、「ありがとう」と感謝し、またその人に良く見せてあげること。逆に逞しいもっこりを見た時はじっくり見たうえで、そして「大きいですね。」などと褒めることを忘れない事。

もっこり研究者として、褒められた時は感謝する、また、相手を称賛することは大切だ。何よりお互いのもっこりに対してのモチベーションを上げられる。(ただし、褒めた相手が不快な顔をした場合は、きちんと「とても立派だったので思わず口から出てしまいました。すみません。」などとすぐに謝ること。)

5・周囲の目をよく見て、周囲を不快にさせたりするようなもっこりは避けること(TPOを考えること)。

特に寄せもっこりなどで、ズボンにくっきりカリの段差まで浮かび上がってしまうことがあると、あからさまにこちらのもっこりに対して不快な顔をする人も中にはいる。「もっこり」は「気持ち悪い」のではなく、「かっこいい」「男らしい」と思われなければならない。やり過ぎてないか常に確認するのももっこり好きの使命である。男女問わず「男らしい」「セクシー」と思われるぐらいがポイントだ。もちろんカリまで浮き出ていても、周囲が好意的な目で見てくれるのであれば、堂々とカリの段差までも誇示するべきだと思う。

以上
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

Secret

初めて

初めて共感できる人に会えたので、ブログがなくなるのは非常に残念です。今までありがとうございました。

男らしい

久し振りに見に来たら、ブログ止めてしまう事態になってるとは悲しいです。

海人さんの逞しくて男らしいもっこりに憧れてました。

またブログが書けるようになったら、是非復活させてください!!

ありがとう

海人さん

ブログを楽しませてもらい、ありがとうございました。
海人さんともう少しもっこり談義したかったです。
俺は相変わらず、中学校でもっこり先生してます。

ありがとうございました

お久しぶりです、ずっと前にコメントさせていただいたダイスケです。

ブログ終わってしまうのはとても寂しいですが、海人さんの男の魅力に溢れたもっこりやエピソードはずっと忘れられないと思います。俺も海人さんのような男になれるよう日々頑張ります。

海人さんはこれからもずっと俺のもっこり師匠です。お元気でいてください。

もっこりスラックス

先日jpressでスラックスを購入。衝動買いでしたがなんとなく日本人の中年に人気があるならもっこりするかもと期待してました。履いてみると全くもっこりしないのですが何か細工をしている感じがあったので、これはいける気がして即購入しました。帰ってズボンの中をみると股間の裏側にわざわざ布を当ててもっこりさせない、偏らせない作りになっていたので、その布をハサミで切り取りました。すると大成功、左側にキンタマ袋と亀頭がもっこり!最高!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

海人

Author:海人
スーツなどの着衣、スパッツ・アンダーウエアなどのもっこりを崇拝しています。

もっこりの仕方や街で見かけたもっこりなどを研究していきたいと思ってます。

なお、着衣のもっこりだと、あからさまなものより、むしろ何気なく、しかししっかりもっこりしている男性に憧れます。

自分でも上向けメインで毎日さりげなくもっこりしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。