朝風呂 2

13 0
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく朝立ちも硬さが緩んできたので、俺は半立ちのまま上がり、もう一度体を洗うと、体を拭き、脱衣所に向かった。その時には、風呂には誰もいなかった。

脱衣所に入ったところで、少し体に残った湯を拭いていると、話し声が聞こえた。

「さっきさ、勃起してる男がいてさ。」
「へえ。」
「それでさ、俺が見ても、そいつ全然気にしないんだよ、堂々と歩いててさ。」
「なんだよそれ、まあどうせちっさいやつなんだろ?」
「それがさ、もう、ほれぼれするようなやつなんだよ。」

俺はそれを聞くと、

”そうか、お前はほれぼれチンポだそうだ。”

と、チンポにその言葉を伝えてやり、丹念に拭いてやった。

すると、チンポはそれに応えるように、先ほどまでの半立ちどころか最初の朝立ちを超え、もう完全に、血管を隆々と浮き上がらせて天を睨んでそそり立った。これでは、もう隠そうにも隠しようがない。

・・・いや、元から隠す必要もない。

男たちの会話はまだ続いていた。

「いやー立派だったよ、もう凄いんだ。一体、何なんだろうな?」
「はいはい、わかったわかった、その話は分かった・・・って・・・・・」

彼らの会話が止まった。
俺は、彼らが話している方向に歩いて行っていたのだ。俺はタオルを肩にかけ、なんてことないとばかりにゆっくりと歩いた。
見ると、片方は、先ほど最初に内湯に浸かっていた男だった。

別に俺は彼らにチンポを見せるつもりは全然なかった。単に、彼らの奥にある籠が、俺が浴衣を入れたところなのだ。だから俺は彼らのそばを通らないとならなかっただけだ。

だが、彼らの視線は俺のチンポに釘付けだった。

彼らは俺が目の前に来ても、凍り付いたように動かなかった。彼らは道を塞いでいたので、俺が「すみません。」と言うと、内湯に浸かってた方が初めて俺の顔を見て、慌てて横にどいてくれたが、その視線はすぐに俺の股間に向けられた。

そして俺は彼らの横を堂々と胸を張って通り過ぎた。通り過ぎる時、俺は内湯にいた男をちらりと見て、

”どうだ、これがお前の言う、ほれぼれチンポだ。”

と内心言った。

彼らは凍り付いたように、その場から動かない。俺は固唾をのんで口をぽかんと開けて見てくれる彼らが面白くて、彼らの方を向き、体に残った水滴をバスタオルで念入りに拭きとった。

俺は腰を引いてなんとかもっこりビキニを穿き、完全にもっこりビキニが浮きあがったまま浴衣を着たが、すぐに浴衣の間からもっこりビキニが顔を出してしまった。別に構わないと思い、そのまままた彼らの横を通り、スリッパをはき風呂場を立ち去ろうとした。

「・・・な?な?すごいだろ?あんなに上向くもんなんだなあ。な、もうほれぼれしちゃうだろ?・・・・」

ようやく、呪縛から解き放たれたらしい彼らの声が後ろから聞こえた。
その声に応えるように、俺のもっこりビキニは、歩くたびに更に脈打ちながら浴衣から姿を現していった。

俺が歩いていると、前からやはり朝風呂に入りに来た客が何人か歩いてきて、寝ぼけ眼の顔で俺の股間を見られたが、俺は気にせず大股で歩き、部屋に戻った。
ページトップ