FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅館のソファーで 2

ズッ・・・ズッ・・・ズッ・・・ズッ・・・
浴衣が擦れながら持ち上がっていく音がする。

体は十分に温まってるし、ソファーの柔らかさも気持ちいい。男との会話も楽しかった。
俺は充実した気分だった。

と、衣擦れの音と共に、男の鼻息が聞こえる。

ズッ・・・ズッ・・・ズッ・・・

スー・・・・・スー・・・・フー・・・フー・・・フー・・フーー

浴衣の衣擦れの音がするたびに、男の鼻息が次第に大きくなってくる。
男は俺の浴衣もっこりを見てくれているのか。俺は寝そうになりながらもそう思った。

そのうち、俺はチンポの先がきつくなった。
もっこりビキニは伸びが非常に良いものを穿いているので、このきつさは浴衣だろう。

フーッフーッフーッフーッ

男の鼻息が本当に荒い。男は、俺のもっこりを見て興奮してくれてるのか。

”ならば、もっこり好きとして、男の期待に応えてやらなければ。”

俺はまどろみ気分の心地いい中、男の鼻息に合わせて、チンポに力を送り込んでいった。

ズッ・・・・・・・・・・・・・・・・ズッ…・・・・・・・・・・……

少しずつ、もっこりが浴衣の抑える力を上回って少しずつ持ち上げていく衣擦れの音がする。
足の裏側に浴衣が食い込んでそして次第にまくれて上に引っ張られていくのがわかる。

「・・・大きい・・・。」

壮年の男が感心するようにつぶやくのが聞こえる。

”まだまだ大きくなりますよ”

俺は心の中で答え、チンポに力を送り込んだ。

ズッ・・・・・・・・・・・・・・・・ズッ…・・・・・・・・・・……

「すごい・・・・」

男がまたつぶやいたその時、誰かが廊下を歩いてきて、我々の前を通り過ぎた。
男の鼻息がいったん離れる。俺は寝そうになる時に男が勃起することなど珍しくないことだと思い、全く股を閉じず、そのままにしてその通行者をやり過ごした。

そして男の鼻息が再び近づいた時だった。

ズズッ!

急にもっこりにかかる圧力が抜けた。

「はっ・・・」

男の吐く息が聞こえた。

ズズッズズッズズッ・・・・・ズッ・・・・・・・・・・・

布が擦れる音が続いて、そしてまたもっこりに強い圧力がかかったのがわかった。
俺はきっともっこりが浴衣の片方を振り切ったものの、もう片方に引っ掛かってるのだろうと思った。

「はーっはーっはーっ」

男はもう鼻呼吸でなく、口呼吸になっていた。

俺は思った。
浴衣2枚で抑えていたものを振り切ったのだ、1枚となった抑えなど、今更何の役にも立たないだろう。

俺は寝そうになる気持ちよさと勃起がますます強くなっていく心地よさに身を任せた。

ズッ・・・・ズッ……・・・・・・・・・・・・・・・・・・ズッ!

俺は、最後の強めの衣擦れの音のあと、もっこりへの圧力がなくなったと同時に、太ももに涼しい風を感じた。

「すごーい・・・」

壮年の男の年齢に似合わない子供っぽい間の伸びた驚きのささやき声が聞こえた。

俺は、本当に気持ちよかった。
風呂上がりのほてった身体、男らしい壮年との会話、ゆったりとしたソファー、まどろむ快感、そしてこの股間のこの上ない開放感。このまま眠れたら何と気持ちいいことか。

俺はそれを実行しようかと思った。
しかし、その気持ちいい時間は数分だった。男のつばを飲み込む喉の音が数回した後、

「お兄さん、お兄さん、起きて、それやばいよ。」

隣の壮年の男がそういうと、俺の腕を叩いて目覚めさせたのだ。

「ほらそこ、すごいよ。誰か来たらまずいよ。」

壮年の男は俺の浴衣の股間を割って飛び出してビクンビクンと脈を打っているもっこりビキニパンツを指さしていた。

「ああ、すみません。」

俺は、「何だそんなこと」と思いながら男がもっこりビキニが飛び出てるぐらいで大騒ぎしているのに少し不機嫌になった。

仕方なく、浴衣を閉じ、もう一度座りなおすとすぐに再びビキニパンツが勢いよく浴衣を割って飛び出し、天を向いて突き立ってしまったのを確認し、

「こりゃあだめですね。部屋に戻ります。」

と苦笑いしたものの、男が返事をせず、俺のもっこりにくぎ付けになってくれてるので、せっかくだからとわざと少し座ったままにした。

そしてビキニパンツが浴衣の間から顔を出したまま立ち上がり、手を上にあげて伸びをするように体をそらし、腰に手を当てて少しため息をつくふりをした。

その男は相変わらず口を開けたまま俺のもっこりに釘付けだったので、軽く男に会釈すると同時に、そのいい反応への感謝の意味を込めてサービスにもっこりに力を入れて上下させ、もっこりにもお辞儀をさせた。

そのあと、夜も夜だったので、人も少なくビキニパンツを敢えて隠す必要もないと思った俺は、数人とすれ違ったがもっこりが飛び出し左右に揺れるままにして部屋に戻った。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

Secret

すごい!

海人さん

海人さんのもっこりビキニ想像してたら、帰りの電車で大きくなってきて(笑)帰って速攻抜きました。
壮年の男性も惚れ惚れしたでしょうね。

前回の海人さんのコメント、試してみました。またまたLサイズのコンドームとビキニパンツを一緒に買って、スリムスーツの前をギンギンにして、馴染みのにいちゃんのレジに行きました。
視線が俺の股間に釘付けになっていたので、「今日のセックスを想像してたら、もうこんなになっちゃいましたよ」と言ったら、「すごいですね。俺なんか普通サイズですよ」と。ちょっと、見栄はって「俺、これでもキツキツで」と言っちゃった。最後まで俺の股間見てました。

Re: すごい!

ゆうじさんコメントありがとう。

俺は旅館で夜遅くに風呂に入った後は、結構浴衣の間からもっこりビキニを飛び出させたまま歩いてます。なお、朝風呂も好きですが、朝立ちが収まらない時もありますが、勃起したまま入ってます。男性同士ですから、別に気にすることもないと思っています。

ところで、ゆうじさんは堂々とスーツもっこりしたままレジのお兄さんのところに行ったんですね。
そのお兄さん、ゆうじさんの男らしいもっこりに釘付けだったんですね。俺は、相手が嫌な顔さえしなければ、構わずどんどんもっこりを見せても良いと思いますよ。俺はそうしています。

スーツもっこり

海人さん

ありがとうございます。もっこり見せつけはいいですよね。兄さんも満更でもなさそうなんで。今日は店内にいたんですよ。俺もいつものピチスラで歩いていたら、「お客さん、もっこりしすぎ」と笑われました。俺も調子に乗って、「俺のデカチン、触ってもいいよ」って言っちゃった。
触られはしなかったけど、兄さんの股間もちょっともっこりしてたな。

Re: スーツもっこり

>ゆうじさん

店員さんと仲良くなれそうでいいですね。
そうやって、もっこり好きを増やしていきましょう。でもTPOは忘れずに。あくまでも男らしく振舞うことを意識してくださいね。
プロフィール

海人

Author:海人
スーツなどの着衣、スパッツ・アンダーウエアなどのもっこりを崇拝しています。

もっこりの仕方や街で見かけたもっこりなどを研究していきたいと思ってます。

なお、着衣のもっこりだと、あからさまなものより、むしろ何気なく、しかししっかりもっこりしている男性に憧れます。

自分でも上向けメインで毎日さりげなくもっこりしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。