FC2ブログ

整体17

俺は受付を済ますと、いつも通りベッドにうつぶせになった。

すると、先生がやってきた。
すぐに整体に入るかと思ったら、ベッドのふちに手を置き、少し考えているような間があり、

「・・・海人君、今回は、ちょっと違う整体をするから、ズボンを脱いでくれるかな。」

「え?」

「今日やるのはね、ズボンを穿いてると効きが悪いんだよ。でも、海人君が嫌ならズボン穿いていていつもの整体メニューでもいいよ。」

「・・・いえ、新しい整体に興味があるのでお願いします。」

俺はいきなりの整体師の話に興奮しながらも、少し躊躇した。

実は俺はその日の下着はボクブリだったのだ。
ボクブリだと結構簡単にはみ出すため、きつさを感じなくて快適なため、最近はもっこりビキニではなく、ボクブリが多いのだ。

しかし、この先生の前で脱いで下着姿になるのであれば、どうせならかっこいいもっこりビキニがいい・・・。
俺はそう、残念に思いながらも、整体師の視線を感じながらジャージを脱ぎ、ベッドにうつぶせになった。

上着はそのままで下はボクブリ一丁という変な格好だったが、整体は始まった。
下を脱いだ割には普通に上半身のマッサージから始まり、疲れていた俺は眠気を感じてきてしまった。

眠気を感じるという事は、俺にとっては勃起すると同じ意味だ。
心地よい眠気と、ボクブリがきつくなってくるのを感じながら、次第に意識が遠くなってきた。

先生のマッサージが腰に移り、尻を丹念にマッサージし始めたころには、俺はほとんど寝ていた。

「・・・仰向けになってください。」

せっかく気持ちよく寝ていたところに、遠くから先生の声が聞こえ、俺は何とか仰向けになった。

チンポの先端に圧迫感がないことから、恐らくはみ出してしまっているとは思ったが、俺はそんなことは別にどうでもよかった。ウエストゴムを突き抜けていたとしても上着で隠れて見えないだろうし、何より眠かったのだ。

仰向けになると、また先生の整体は上半身から始まった。
すぐに何か足に暖かいものを感じた。

「お灸だよ。少し熱いかもしれないけど、我慢して。」

”気持いい。”

俺はますます気持ちよくなった。

「さあ、上半身もお灸をするから、上に着てるものも脱ごうか。」
俺は着ているものを脱いだのは覚えているが、その後すぐに完全に寝てしまった。

夢の中で温泉に入っている夢を見た。
俺は元からこの温泉に入っている夢をよく見る。今回も同じだと思った。大抵、何個か温泉があり、それを転々と入り続けるのだ。

温泉は、暖かく、気持よかった。

急に、何か股間に気持ちよさを感じた。
暖かい温泉の気持ちよさと、その股間に感じるほんのりと感じる心地よい気持ちよさ。
本当に気持ちよかった。

どのぐらい経っただろう。
そのうち、背筋を何かが駆け上がった。

”ああ・・・・”

俺は思わずそう、うめいた。
何か温かいものが顎に胸に降りかかった。

最高の気分だった。

と、さっきより更に熱いものが顎に当たった。
思わず現実に引き戻されると、整体師が俺の体を熱いタオルで拭いていた。

「・・・気持ちよかったかい?」

整体師の目がじっとりと俺を見た。
よく見ると、整体師の口の端が泡立っていた。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

春と満月

春の陽気、そして、満月が近い。

前も書いたが、俺は満月になると、ほぼ常時勃起状態になる。

今は満月の前だが、その日が近いため、俺のチンポは脈打ち立ち上がる時を今か今かと常に待っている状態だ。
そんな中、昨日はこんな状態で一日をスタートさせた。



上から見ても股間がパンパンに盛り上がっていたが、そんなことは仕方ないことだ。春なのだから、多少男らしさをアピールしてもいい時期だと、俺はそう思い、気にせずこの姿で出かけた。

外に出ると、暖かさで股間がさらに膨張したのか、股間が歩くたびに突っ張りきつかったが、それも春の風の中、心地よかった。

夜は久しぶりにジムのプールに行った。
水着の色は春らしい明るい色のものにしようと思った。



ズボンから解放されたが、やはり股間がパンパンだった。
いつものジムの腹筋の割れた競泳水着のインストラクターと話しをすると、チラチラと水着を見られ、

「海人さん、その水着、似合いますよね。」

と言われ、じっと見られた。

・・・・この時期はそんなにみられると思わず勃起してしまいそうだったが、何とか腰を手に当てたまま、平然と彼の視線に耐えることに成功した。

雑念を払うため、いつもよりかなり長距離を泳いだ後、疲れてシャワーを浴びていると、隣で浴びていたおじさんに、

「その水着かっこいいなあ。似合うね。」

とまた言われた。

だめだ、満月が近い・・・

”我慢できない。”

「ありがとうございます。」

俺はそういいながら、満月に飢える獣が目を覚まし、水着がきつくなってくるのが分かった。

「・・・え?」

おじさんの視線が俺の水着にだんだん集中してきた。

「おじさんもそのボックスタイプの水着似合ってますよ。」

俺はまずいと思ったが、普通にそう答えた。確かに、おじさんの太いものが上向けになっており、中々男らしかったのだ。シャワーにたまに輝くそのもっこりの中に、少し主張していたカリを見つけると、俺はそこをよく見てしまった。

満月が近すぎる・・・

”う、我慢できな・・い”

自分が抑えきれず、次第に狼に変身していくのを脈々と感じた。

おじさんは固まったように俺の水着を見ていた。

「おぉ・・・きみ・・・すごいね・・・」

おじさんがため息交じりで言うのを横目に、俺は完全に狼に変身しかけていた。

俺は股間に跳ねる水流を心地よく感じながら、隠す気もなくむしろますます狼に変身していく自分を堂々と平然と見せつけシャワーを浴びていた。

が、まだ満月前だ、何とか平常心を取り戻すと、俺はさすがにシャワー室でこれはまずい思い、おじさんに「どうも。」と挨拶し、その場を立ち去り、脱衣所に向かった。

もっこりの季節とタバコ部屋の男

もう少しでもっこりの季節になる。
そう、上着がなくなり、もっこりがあらわになる季節だ。

しかし、最近、もっこりしている人が少なくなった気がする。

以前も書いたが、結構もっこりを気にして、もっこりしないようなスラックスにしてしまう嫁が多いらしい。男なんだからもっこりしているのが当然なのだが、どうしてそんなにダボダボのスラックスを旦那に穿かせるのだろうか。もっこりしていた方が男らしくてかっこいいと思わないのだろうか。

そんなわけか、最近、タバコ部屋の男ぐらいしかろくにもっこり鑑賞できる奴がいない。

そのタバコ部屋の男と、この間、トイレで会った。

その男は、トイレに入ってくると、わざわざ空いているのに俺の隣の小便器に来た。

これはどういうことだろうか。

タバコ部屋の男のような、突き出しもっこり系は、相当もっこりしていたとしても、チンポというより金玉がデカいことでもっこりしているのは、もっこり好きの俺は当然知っている。

男は、俺の隣に悠々と来て、チンポを出すと、首をこちらに向けてきた。そしてハッとすると、すぐに首を戻して便器に体を寄せた。

・・・もしかすると、彼は、俺も彼と同じ、突き出しもっこり派だと思ったのだろうか。

俺はチンポを良く振ってからしまうと、トイレを後にした。

その後、その男も俺のトイレに合わせてトイレに来るようになったようだ。
以前話した元から良く付いてくる男もいるので、その二人とトイレで3人一緒になるようなことが多くなった。

朝風呂 2

ようやく朝立ちも硬さが緩んできたので、俺は半立ちのまま上がり、もう一度体を洗うと、体を拭き、脱衣所に向かった。その時には、風呂には誰もいなかった。

脱衣所に入ったところで、少し体に残った湯を拭いていると、話し声が聞こえた。

「さっきさ、勃起してる男がいてさ。」
「へえ。」
「それでさ、俺が見ても、そいつ全然気にしないんだよ、堂々と歩いててさ。」
「なんだよそれ、まあどうせちっさいやつなんだろ?」
「それがさ、もう、ほれぼれするようなやつなんだよ。」

俺はそれを聞くと、

”そうか、お前はほれぼれチンポだそうだ。”

と、チンポにその言葉を伝えてやり、丹念に拭いてやった。

すると、チンポはそれに応えるように、先ほどまでの半立ちどころか最初の朝立ちを超え、もう完全に、血管を隆々と浮き上がらせて天を睨んでそそり立った。これでは、もう隠そうにも隠しようがない。

・・・いや、元から隠す必要もない。

男たちの会話はまだ続いていた。

「いやー立派だったよ、もう凄いんだ。一体、何なんだろうな?」
「はいはい、わかったわかった、その話は分かった・・・って・・・・・」

彼らの会話が止まった。
俺は、彼らが話している方向に歩いて行っていたのだ。俺はタオルを肩にかけ、なんてことないとばかりにゆっくりと歩いた。
見ると、片方は、先ほど最初に内湯に浸かっていた男だった。

別に俺は彼らにチンポを見せるつもりは全然なかった。単に、彼らの奥にある籠が、俺が浴衣を入れたところなのだ。だから俺は彼らのそばを通らないとならなかっただけだ。

だが、彼らの視線は俺のチンポに釘付けだった。

彼らは俺が目の前に来ても、凍り付いたように動かなかった。彼らは道を塞いでいたので、俺が「すみません。」と言うと、内湯に浸かってた方が初めて俺の顔を見て、慌てて横にどいてくれたが、その視線はすぐに俺の股間に向けられた。

そして俺は彼らの横を堂々と胸を張って通り過ぎた。通り過ぎる時、俺は内湯にいた男をちらりと見て、

”どうだ、これがお前の言う、ほれぼれチンポだ。”

と内心言った。

彼らは凍り付いたように、その場から動かない。俺は固唾をのんで口をぽかんと開けて見てくれる彼らが面白くて、彼らの方を向き、体に残った水滴をバスタオルで念入りに拭きとった。

俺は腰を引いてなんとかもっこりビキニを穿き、完全にもっこりビキニが浮きあがったまま浴衣を着たが、すぐに浴衣の間からもっこりビキニが顔を出してしまった。別に構わないと思い、そのまままた彼らの横を通り、スリッパをはき風呂場を立ち去ろうとした。

「・・・な?な?すごいだろ?あんなに上向くもんなんだなあ。な、もうほれぼれしちゃうだろ?・・・・」

ようやく、呪縛から解き放たれたらしい彼らの声が後ろから聞こえた。
その声に応えるように、俺のもっこりビキニは、歩くたびに更に脈打ちながら浴衣から姿を現していった。

俺が歩いていると、前からやはり朝風呂に入りに来た客が何人か歩いてきて、寝ぼけ眼の顔で俺の股間を見られたが、俺は気にせず大股で歩き、部屋に戻った。

朝風呂 1

俺は、旅館に行ったとき、朝風呂に入るのが好きだ。

先日も、温泉旅館で朝5時に目が覚めたので、周囲が寝静まっているのを横目に一人タオルをもって風呂に出た。
浴衣ははだけて朝立ちもっこりビキニが浴衣から飛び出しているが、別にこの時間にすれ違う者などほとんどいない、2人ほど爺さんとすれ違ったが、俺は気にせず左右にもっこりビキニを揺らしながら風呂に向かった。

風呂に入ると、先客が2人ほどいるようだ。
俺は自分の股間を見ると、ビクンビクンともっこりビキニの下で脈を打ったままであることを確認した。

しかし、俺は男なら朝立ちをするのは仕方ないと思っている。そのまま気にせずもっこりビキニを脱ぎ、風呂の戸を開ける。

左手の湯船に入っている男がちらりとこちらを見て、目を見張ったが、俺は別に気にせず、タオルを肩にかけて彼の前を通り過ぎ、洗い場に向かう。

熱いお湯が気持ちがいい。
軽く体を洗っていると、先ほどの湯船に入っていた男が、こちらを見ながら、

「・・・・お、すごい・・・・おお、すごい・・・・」

と言いながら、何とか俺のチンポをみようとしているのか、体と首を上下左右に動かしながら俺の横側から見ようとしていた。

別に見たいなら見ればいい、と思い、俺はせっかくなので、横から何とかして見ようとしている彼から良く見えるよう、大きく股を開いてチンポを洗った。

「・・・・・いやあ、すごいなあ・・・。すごい・・・」

と男が言った。

俺は体を洗い流すと、なんともないとばかりに、男の方を向き、タオルを首にかけると、堂々と大股で歩いて彼の入っている内湯に向かった。まだ男は同じ場所に入っていて、こちらを見上げて俺のチンポをじっと見て、少し顔がこわばって、今度は俺の顔を、何か疑問を持っているような顔で見た。

俺はそんなことは全く気にせず、湯船に入りながら彼の目を見返した。
すると、彼の方が恥ずかしそうにして、先に目を反らした。

こんな風に堂々としていれば、多少勃起してようが別に何とも思われないものだ。

体が温まると、今度は露天風呂に向かった。
ドアを開けると身を切るような寒さが俺の体を襲った。早く露天に入らなければ、と思った。

露天風呂にも一人入っている男がいたが、俺を見ると、凝視し、すぐに股間をタオルで必死に押さえて露天を出て行った。確かに、こういう反応の男もいるが、彼ぐらいの反応ならまあ大丈夫だろう。

俺は悠々と一人で露天に浸かった。
朝立ちは、暖かく心地よいお湯に刺激され、中々収まらなかった。
しばらくすると、夜が明けてきた。
プロフィール

海人

Author:海人
スーツなどの着衣、スパッツ・アンダーウエアなどのもっこりを崇拝しています。

もっこりの仕方や街で見かけたもっこりなどを研究していきたいと思ってます。

なお、着衣のもっこりだと、あからさまなものより、むしろ何気なく、しかししっかりもっこりしている男性に憧れます。

自分でも上向けメインで毎日さりげなくもっこりしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR